洋画の終焉

そんなこんなで「ナポレオン」を観に行った。

平日休みの今日を選んでなるべく空いてる時間を狙ったのは事実だ。

15時台上映を狙って行った。

終演は18時台、夕方皆さん忙しい時間帯にかかるから空いてるだろうとは思った。

 

が。

巨匠リドリー・スコット監督のスペクタクル映画、公開後まだ一週間。

観客が5人というのはちょっと淋しすぎやしませんか。

しかもシネコンの90席程度の小さいスクリーンでの上映だし集客見込まれてないのか?

いや空いてて有難かったんだけどね。でも劇場の存続が心配になる。

 

私以外のお客さんは、老夫婦が一組、ひとりで来てる爺さん×2名。

グラディエーター」に感銘を受けた世代(私より少し下)とかいるかと思ったら

絶対「ブレードランナー」リアタイした世代やろ、って爺ちゃんたち。

平均年齢は軽く60歳は超え、どうかすると70歳くらいだったかも。

 

なるべく周囲に人が来ないような前列を選んだんだけど杞憂だったわ。

ひとりの爺ちゃん、指定席なのに途中で何度か席移動してるし。

90席のうち他に4人しか座ってないんだから移動しても全然構わないし。

この映画はエンドロールがとても長かったんだけど、それでも途中で退席しないのは

爺ちゃん婆ちゃんみんな映画好きなんだねと思った。

きっとブレードランナーからずっと映画好きなんだろう。

 

映画好きというのはあるんだろうけど。

こないだのインドミュージカルも、年齢層は非常に高かった。

若い人は見ないのは、その余裕がないからだろうな。

特に映画はサブスクに入るからわざわざ高い金払わんでもというのがある。

かつて映画好きを自称した私でさえそうなんだから堅実な若者は尚更だろう。

カネとヒマがある高齢世代でないと映画館は敷居が高いところになってしまった。

 

「ナポレオン」は5人しか観客いなかったけど

「翔んで埼玉」にはゾロゾロと人が入っていくのを見た。

「ナポレオン」、早めに公開終了になるかもしれないなあ。

洋画ってもう好まれなくなってきてるのかなあ。

 

あと2年したら私もシニア料金適用になる。

そうなったらもっと頻繁に通うからね。

パニ障ひどくならなければ。

 

そんな「ナポレオン」、大体予想通りって感じ。

迫力あって見応えあってああ凄い映像だわーってスペクタクル映画。

それでもヒューマンドラマ部分が良かったので☆4。

もしドラマ部分が薄かったら「こんなもんだろう」で終わってただろう。

冒頭、斬首台に向かうマリー・アントワネットが石やら汚水やら投げつけられて

髪の毛に白菜の切れ端をつけたまま首を斬られた、

ここが私にとって一番の見どころポイントだったw

映画鑑賞という贅沢

「ナポレオン」、やっぱ今日観に行くことにした。

一番空いてそうな15時台の回で。

サービスデイではないので1800円と飲み物買って2000円超え。

ついでにマックでゴハンでも食べようと思ってるので2500円のレジャー。

 

めちゃめちゃ好きな俳優が出てるわけでもない、

どうしても観たいというほどでもない、

いずれサブスクに入るであろう映画をわざわざ観に行くという行為は

今の私にとってはとても贅沢なレジャーとなった。

 

30代前半の頃もよく映画観に行ってたけれども、当時はサブスクが無くて

いずれレンタルCD借りるより1200円で観てもいいかなという感じだったからなあ。

当時息子が小学生で、朝送り出してから時間を合わせて映画館に行き

息子の下校までに急いで帰ったりしたもんだ。

 

あの頃と今では経済状況が少々違うので

「絶対観なきゃいけない映画をわざわざ観に行く」というのは

貧乏主婦にとっては無駄な出費である。

 

でも、そんな無駄で贅沢な時間を楽しみたいなというのが今回の目的。

こないだ小倉のミュージカルで贅沢したばっかりだけどw

今回は昔から馴染んだ映画を、ってことで、初心にかえるという意味で(←イミフ

 

さてそろそろ出発しよう。

 

お正月映画って

「ナポレオン」を観に行こうかどうしようかと迷いつつ映画館のHPを見てると

「エクスペンダブルズ」の続編がもうすぐ公開だと知った。

でもよく見るとアーノルドさんの名前は無い。

だったら劇場へは観に行かないだろうなとは思いつつ、映画登録リクエストした。

私の知る限り、シネスケにアーノルドさんのファンはあまりいなさそうだけど

スタローンファンは大勢いらっしゃるからきっと誰かは観に行かれるだろう。

 

昔、冬休みに上映される映画は「お正月映画」といって

集客が見込める大作の上映がされてなかったっけ?

寅さんや釣りバカもだけど、洋画は話題作をババーンと正月に持ってきてたような。

もう今ではそういう傾向は無くなったんだろうか?

 

今ざっと見た限り、冬休み上映の一番の話題作は「トットちゃん」か?

「ナポレオン」がこの位置づけになるんだろうか。

それとも「チョコレート工場」か?

「エクスペンダブルズ」ではないだろうなきっとw

ゴールデンカムイ」は1月下旬に公開されるのは冬休みを敢えて外したのか?

 

明日「ナポレオン」を観に行こうかなーと考えていたけれど

トットちゃんやチョコレート工場など、12/8公開の作品が多いので

もしかして映画館混んでるかな。午後の回ならまだ大丈夫か?

まあ「ナポレオン」が混んでなきゃそれでいいんだけど。

 

と、映画館の上映時間を見ていると

君たちはどう生きるか」がまだ上映中であることを知った。

私は一生観ることはないだろうけど、凄いなこれ。

確か夏前の公開だったと思うけど、上映が続いてるし終了予定は出てない。

 

まさにこれが「夏休み映画」ってやつか。

超大作でロングランが見込めるから夏前に持ってきたと。

夏休み映画がお正月映画になっとる。

私は映画が好きだった

アマデウス」を観て思い出したよ、私は元々映画が好きだった。

それもこの手のヒューマンドラマが一番好きで、この手の歴史モノが最高に好き。

子どもの頃からいわゆる洋画ファン……といっても

韓国香港などのアジア映画には食指が動かず

ちょっと小難しいイタリアフランス辺りのヨーロッパ映画よりは

単純でわかりやすいアメリカ映画が一番好き。

 

今でこそ近所で演劇や音楽の公演があると「ちょっと興味あるわー」って

高価なチケット取って観に行ってるけど

よく考えたら、元々は「ちょっと興味ある」で観に行ってたのは映画だった。

30代の頃、2000年代なんてしょっちゅう興味ある映画を観に行ってた。

 

好きな俳優目的を別にして「ちょっと興味あるわー」で観に行った

最後の作品は何だったかと調べてみた。こういう時便利だわシネスケ

「ちょっと興味あるわー」だけで観に行ってたのは

2012年制作「LOOPER」だった。その前が「TIME」(2011年)で

そのまた前が「シャッターアイランド」(2010年)。

ああ確かにな、タイムリープものやミステリー系シリアスドラマ、バリ好物。

それ以降映画館に観に行ったのは、好きな俳優出演作ばかりになる。

10年以上も「興味ある」という理由だけでは映画を観に行ってなかったのか。

その一因としてサブスクがあるけど、その話は置いといて。

 

リドリー・スコット監督作「ナポレオン」が公開中。

私の好きだったタイプまんまだわー、巨匠に有名俳優に歴史もの。

歴史ものでも、モーツアルトもそうだけど、その人物に対するある程度の知識が

バックグラウンドとしてあるから物語に入っていきやすいのよね。

 

久しぶりに映画観に行ってみようか、「ちょっと興味ある」という理由だけで。

 

今週行くとしたら金曜日、来週なら木曜日になる。

金曜は夜だと混みそうなので昼間がいいかな、15時台の上映がある。

割引DAYではないので1800円、ドリンクつけて2000円超えか。

いずれサブスクに入るであろう映画に2000円かー。

まだ幸いなのはきっとこの映画、大画面なら一層見応えがあることか。

ただ逆に言えば、大画面で大掛かりなあれやこれやって見るの疲れそう。

近未来だのレーザー銃だの宇宙船だの出てこないだけマシかもしれんが。

派手なSFXとかほどほどで、人間ドラマ部分をしっかり描いてくれてるといいな。

 

ただ問題が……長い!!3時間近くあるんだよね。

 

2000円払って3時間近く座ってSFXかー。

まあでもナポレオンの生涯を描いた映画、つまんないってことは絶対ないだろう。

あと一日半考えよう。まだ来週もあるしな。

映画「アマデウス」とシネスケ投稿数

やっとのことで「アマデウス」を観て、まず思ったのが

「この映画のVHSを買っておいて良かった」ということ。

多分近いうちにもう一度観るだろう。

めっちゃ楽しいからリピートしたい!面白い!って映画ではない。

初見時に見落としたであろういろんな部分を改めて再見したい、そんな映画だ。

そして10年後くらいにもう一度観て、その時の自分はどう感じるのか確かめたい。

だったら53歳まで温めずに20歳、30歳……と各世代で観てみたかったかな。

多分30歳くらいだと「自分が手直しして少しはマシになったよ」なんて

生意気なこと言う奴は大嫌いと思っただろう。

50過ぎた今では一周回って可愛いじゃんと思える。

そういう自分の変化をこの映画で感じたい。

 

それに、この映画を観るのに古いVHSを引っ張り出してきて良かった。

サブスクでポチポチ選ぶ映画じゃないんだな。

CDをデッキに入れてヒュイーーーンって音も似合わない。

VHSを再生した時の、べーーーーーーって音がこの映画には合っている。

 

シネスケの皆さんのレビューも全部読んだ。

レビューを開こうとしてアクセス障害になって戻り、

投票しようとしてアクセス障害になり戻りしながら。

前のエントリで「終盤にかけての物語が良かった」と書いたが

全く同じことを書いてる方がいらっしゃったと思えば

真逆のこと(終盤にかけてつまんなくなった)を書いてる方もいらっしゃって

ああだからシネスケは面白いんだとつくづく。

あと、これだけのコメント投稿数がある作品には珍しいかな、

低得点でもボロカス酷評が少なかった。

 

それと、今回は皆さんのレビューを読む前に自分のコメントを投稿したけど

そうしておいて良かった。

先に既存のレビュー読んでしまってたら自分のコメント書けなかったかも。

 

映画を観ながら、この映画って音楽が素晴らしいじゃん!って思って

よく考えたら当たり前やん、モーツアルトなんだからそりゃ良いわなw

そんなことも忘れてしまうくらい、映画に入り込んでたのか。

 

********

シネスケ開いたついでに、好きな俳優の作品について数えてみた。

 

アーノルドさん出演作でシネスケに登録されているのは47本。

そのうち私がコメント投稿したのが44本だった。

あとの3本は声の出演とドキュメンタリーのカメオ出演作で、まだ観てない。

いずれ観てシュワ映画コメントコンプリートするかな。

ちなみに私が投稿したあらすじの数は、47本中20本。

初期(ターミネーター以前)の作品全部と、

自分がシネスケ参加して以降の新作の大半は自分が書いていた。

淋しいことに、近年の新作はあらすじどころかコメントが私だけばっかりw

 

哲さん出演作は、公開延期の劇場版キントリ除き55本。

そのうち私のコメント投稿数は29本、あらすじ投稿14本。

我ながら呆れるのが、本登録された映画55本、全て観てるのだ。

そういう意味では未見作品のあるシュワ映画よりも熱心ということ?

でもコメント投稿が半分しかないのは、

書く気がしない(←ひどいw)とか、途中で観るの止めた(←ひどいw)とか

哲さん出演シーンしか観てない(←ひどいw)のが多いから。

 

アーノルドさん出演作で途中で観るのを止めた作品は無い。

あの「ゴリラ2」だって最後まで観たよw

そういう意味ではシュワ映画の方が熱心なのか?

 

……というか、哲さんのはサブスクやネットの拾い見が多いからそうなんだろう。

つまんないと途中で簡単に視聴止められるからねえ。

アーノルドさんは新作の度に大抵劇場に足を運んでるので

つまんなくても(←ひどいw)一応最後まで観てるんだろう。

劇場だったから「エンドオブデイズ」でさえ最後まで観たよw

 

……というか、書きながら今思った。

途中で観るの止めちゃうのは、年を取って集中力が無くなったからかも!!

若い頃には図書館で無料で借りたビデオでも途中で止めることはしなかった。

つか、映画を途中で観るの止めるという選択肢?概念?は若い頃には無かった。

映画を見続ける気力が、年取って無くなってきてるんだな。

 

凌さん出演作は、2000年までの映画は

全部コメントを投稿してる。

多分あらすじもその頃の作品は私が書いたものが多い。

が、それ以降がほとんど無いw 

 

玉木と鈴木亮平は、どちらもコメント投稿は全作品中半分弱かな。

そのうちあらすじ投稿は数本、私が登録リクエストしたものだろう。

 

……なんで夜中の2時にPCに向かってこんなこと書いてるのかとゆーと

アマデウス」の興奮が冷めやらず眠れないからだ。

いい加減寝なきゃ……もう2時……。

 

「アマデウス」で1000本

dahlie.hatenadiary.org

↑そんなこんなで映画「アマデウス」約40年がけの悲願?の鑑賞。

この映画を観る気力が出たわけではない。ただ、よく考えてみたら

年末年始はシネスケが長期ダウンするのを思い出しただけw

ダウンしたまま復旧しない可能性が決してゼロではないだろうから

終わってしまう前に1000件投稿を済ませておきたいと慌てたw

 

この記事の中だったかな、

「当時この映画の良さは大人にならないとわからないだろうと考えた」

みたいなことを書いている。

実際、中学生の私がこれを観ても良さはわからなかっただろう。

ただ、50歳過ぎて観るよりは、もっと若い時30代くらいに観ておけば

一番感情移入できただろうなとは思った。

今の私じゃサリエリより年上だろうしなw

 

いろいろ悩んだけど、シネスケにはレビューなし短文で投稿した。

普段だったら投稿された全てのレビュー全部読んでカブらないようにするけれど

この作品は投稿数200件超え、きっと皆さん熱く語ってるだろうから

アクセス障害多発の今それを全部読んでからとなると

下手したら年末年始のダウン期にかかってしまいそうw

つかそれよか1000件目のコメントは、他の人と意見がカブろうがどうだろうが

自分が感じたことを率直に書きたいなというのがあったし

今更ダラダラと長文を書いても「解説」にしかならないかなと。

言いたいことはいっぱいあるんだけどね。

実は中盤までは☆4かどうかすると☆3もあるかなとか考えてたんだけど

終盤に向けての物語の面白さとオチの素晴らしさで☆5へ。

 

ところでこの映画、四半世紀以上前に980円でセルVHSを買って

シネスケ1000件目にするために(だけではないけど)仕舞い込んでいたもの。

いよいよ開封する時が来た……と外装フィルムを破り、箱から出す。

 

すると

 

ひでーなこれ!!テープが途中じゃん!!

約30年前、市内のSCに当時入ってたCDショップで買ったんだけど

思いっきり詐欺られてたわけだな。

中古を騙して売るならせめて最後まで巻き戻しておけよと。

 

そんなこんなでコメント投稿1000本。

サイトが消えてしまう前に(いやそんな縁起でもないことアカン)

 

コメント1000件のキャプ画像。

 

2000件到達する日は来るかなあ。

無理にそこを目指す必要ない、映画を楽しんでマイペースで投稿するつもり。

私にとってCinemaScapeは、どちらかというと自分がレビュー投稿するよりも

他の方が何を思ったのか読む、そっちの方がメインだ。

 

さて、これからアクセス障害に負けずに240件のレビュー全部読むぞー。

映画本編よりもそっちの方が楽しみかも。

時代の変化とトイレの在り方

はてなダイアリーの更新はPCクラッシュが怖くて

頑丈なメインデスクトップ機でしか書き込みできないw

 

********

最近あった、トイレについて思ったこといくつか。

 

先月ファミリーミュージカルを観に行った際、会場がやや古めのホールだったので

トイレは主に和式、奥の方にちょっとだけ洋式があるつくりだった。

私の母もそうだけど、高齢女性は足腰が悪く和式が使えないために

並んでいても洋式が空くまで待ち、和式の順番を譲られることがある。

それが、先日のミュージカルで5~6歳くらいの女児とお母さんがトイレに並び

お子さんが和式は空いたけど洋式じゃないとできないからと洋式を待っておられた。

トイレトレーニングをするくらいの年齢ではないし見たところ障害などは無さそう。

おそらく幼稚園年長か小1くらいだと思うが、そのくらいの年齢の子は

今は和式トイレって全然使ってないのかーと思った。

ってことは、幼稚園(保育園かも)や小学校って今は全部洋式になってるのか。

それがちょっと衝撃というかそうなのか!って思った。

 

ウチの子の頃はどうだったんだろう?トイレ全部洋式になってたのかな?

 

私の時代は、小学校では各階トイレに和式が3つくらいと奥に洋式がひとつあったが

洋式を使う子はいなかった。

中学と高校は校舎がとても古かったのでトイレは和式のみ。

校内のどこかにひとつくらいは洋式があったかもしれないが記憶にない。

そういや高校は女子高だったのに、生徒用トイレになぜか男性用小便器があったw

 

********

ある日職場にて。

50代位の男性客から、客室のトイレのウォシュレットが使えないとお叱りを受けた。

ひたすら謝ってお部屋を移動してもらったんだけど

男性は「ウォシュレットが使えないなんて信じられない、絶対無理!

前日に泊まった人は何も言わなかったのか!あり得ない!」みたいに言われてた。

機械の不具合はホテル側が悪いのでおっしゃる通りなんだけど

ふと、考えた。

私より年上の男性なので、ウォシュレットが無い世界に育ったはずだ。

一般家庭にも普及し始めたのは90年頃から?30年くらい前だっけ。

今では家にも職場にもウォシュレット完備という人は多いのだろうが

ウォシュレットに慣れると、もうこれが無いとトイレできない体になるのか。

男性客、おそらく30才前後まではウォシュレットが無い世界で用を足していても

それ以降、都度尻を水で洗わなければ無理な体になってしまったのか。

そう考えると人間の身体って怖いかもなと思った。

ホテルの客室の不具合なら従業員に言って部屋移動でどうにかなるけど

もし災害時にしばらく清潔なトイレが使えない状況になったりしたら

その時「絶対無理」って言えないよなと。

普段ウォシュレット使ってない人だったらそういう時も大丈夫ということか。

ってことは今から尻を鍛えておく必要があるのかもしれないw

 

*********

こないだ下関駅で乗り換えの隙にトイレに行って順番を待っていると

私の前に外国人女性が並んで待っておられた。

ここの駅は手前ふたつが洋式、奥にひとつ和式がある。

洋式は使用中だったが、よく見ると奥の和式は空いていた。

乗り換えなのであまり時間もないことから、私は和式を使いたいと思い

女性に声をかけて英語で「私が和式使っていいですか?」と尋ね、了承を得た。

中学レベルの簡単な文章だが、もし今、仕事で外国人相手に英語を喋ってなければ

街中で外国人に声をかけてこの程度の英文でも話しかけることはしないだろう。

そういう意味では、今の仕事は生活の役に立つこともあるんだ。

 

*********

私が住んでるとこの沿線は利用者が非常に少なく駅も小さな無人駅なので

各駅にトイレが無い。

しかしなー、JRの駅にトイレが無いってのはどうなのよ?

普段電車のために駅を使っているわけではないのだが

ウォーキングの時、ああここにトイレがあればなあといつも思う。

(電車乗らないのにトイレ目的なのも申し訳ないけど)

 

そして、驚くのは、この沿線の某大学最寄り駅、ここにもトイレが無いのだ!

厳密には、大昔はあったけれども老朽化して閉じてそのまんま。

あり得ない、本当にあり得ない。

大学最寄り駅だよ?トイレ無いってあり得なくない?

小さい駅だけど、一応複数路線の交わる乗換駅でもあるんだよ?

トイレくらい設置しろよJR。

あまり詳しく書くのは良くないかもしれないけど、大学は公立だ。

だったら行政が最寄り駅としてトイレ設備を整えてもいいのでは?

 

*******

さらに、ここではない県内の主要駅の話。

主要駅というか県内のメインである山陽本線沿いであり、

一応県内主要都市の玄関でもあるので利用者もある程度多い。

そこには小さなトイレがあるが、トイレットペーパーを設置していない。

トイレ入り口に100円のポケットティッシュ自販機が置いてある。

 

女子トイレの個室の中に

「指定のテイッシュ以外のものを流すな、詰まって困る。

言うこと聞かないならトイレ閉鎖するよ!」って文面の張り紙がある。

 

いやいやいやいやいや!!!!

だったらトイレットペーパーを設置すればよくない?それで解決。

こんな主要駅のトイレを閉鎖するとかやってはダメなことでしょ。

バカ過ぎるにもほどがある。

 

はっきり書いてしまおう、オマエだよ宇部駅!!!!!!!!

 

*********

山口県内の駅トイレには、基本、トイレットペーパーは設置されていない。

唯一の例外がのぞみ停車駅である新山口駅

ここ以外は、改札を通った先のトイレにはペーパーがあるけど

改札より外側のトイレにはペーパーは無いので

人々は常にポケットティッシュを用意しておかなければならない。

私もずっと「駅のトイレに行くにはポケットティッシュ携帯」

という常識の中で育ったw

なのでたまに他所に行くと、どの駅でもペーパーが設置されていることに感激。

つか、トイレットペーパーなんてトイレがある以上当たり前にあるものと思うがな。

山口県民は慣れてるからともかく、他の地域から来た人は困るよなあ。

 

**********

最近、電車内のトイレに入るのがわりと平気になってきたw

ちょっと恥ずかしいなと思う気持ちはあるけれども背に腹は代えられない。

まあ、オバハンが電車内のトイレに入ったところを周囲に見られたって

恥ずかしいこともないしなー。